中古美容家電の落とし穴

美容家電は高いというイメージを持っている人が多いのですが、実際のところは、ピンキリ。
ご紹介したように、1万円以下で購入できる美容家電もあれば、3万円程度のもの、中には10万円以上するものもあります。
「1万円以下ならすぐに購入できるけど、それ以上だとローンを組むかなぁ。でも、私に効果があるかわからないものにそこまでのお金かけたくないな〜。」と思っているのは、あなただけではないかもしれません。
たとえ働いているバリキャリのお姉さんでも、3万円以上のものって購入するのに結構勇気がいるものです。

 

「どうにかしていい美容家電を安く購入できないかな〜」とお考えの皆さんがいち早く思い付くのが、『中古屋』や、『オークション』ではないでしょうか。
オークションといえば、最近はスマホアプリでも手軽に行えるものがありますよね。
フリマであったり、オークションであったり様々なものがあるので、誰でも手軽に売買できるのがいいところ♪
なのですが、気を付けなければならない点もいくつかあるので、お伝えしますわよ〜。

 

 

中古美容家電の落とし穴

一番多い声が、「使用後すぐに使えなくなった」という声。
いい出品者にあたればいいのですが、もし運悪く悪徳業者に引っかかってしまった場合は、返品も返金も受け付けてもらえません。
泣き寝入りするしかないのです。
基本、購入前に現品を見ることができるわけではないので、どうしても不良品かどうかの判断や使用状況については書かれていることを信じるしかありません。
しかし、それが嘘だった場合や、数回使用して壊れた場合でもタダで修理をしてもらえることはまずないと思っておくべきね。
というわけで、中古家電の一番の落とし穴としては、目で現品を確認できないため、状況が把握しにくいとうこと。
販売時に電源が入っていたからといって、自宅に届いてからも電源が入るという保障はどこにもないのですよ。

 

まあ、そんな偉そうなことを言う私も何度か痛い目にあって、やっと納得したのですけどね。
リサイクルショップで購入した場合には、そのお店での保障がつく場合がありますが、期間が短く、これはなんとも言えません。
要は「すぐに壊れる可能性があるけど、短期間だった場合は返金しますよ!でもそれ以外は自己責任で!」ということになるわね。

 

 

領収証はとっておくべき

中古家電を購入した場合に、新品ではないからと領収証を捨ててしまう人が多いのですが、これはいけないわ〜。
領収証は1年程度保管しておくことをおすすめします!
なぜって?
オークションではまずないのですが、リサイクルショップなどの一部の店舗で購入した場合に、中古家電であっても返金の対象となる場合があるからよ。
その際に、領収証は必須となります。
領収証なんて今まで捨てていたか、お店で受け取らなかったという人は、受け取る癖をつけてみてはどうかしら。

 

 

というわけで、中古美容家電の落とし穴、ご理解いただけたかしら?
何でも中古で済まそうとすると、中古の女になってしまうかもしれないわよ〜。
というのはほんの冗談ですが、中古も良し悪しだということは頭の片隅に常に置いておくべきでしょうね。